10年後も生き残るための飲食店開業術。成功と失敗を分ける差はどこにある?

LINEで送る
Pocket

毎日、多くの飲食店が新しくオープンしているが、10年後も生き残る店はたったの1割だといわれている。つまり、多くの店が採算が合わずに閉店しているというわけだ。

飲食店の経営は、綿密な売上計画、そして徹底したコスト管理が求められる。これを怠ると損益分岐点を上回り続けることは難しく、いずれ経営は傾いてしまう。また、こうした計画を達成していくためには、当然、味やサービスといった面で努力を重ね、店の魅力を磨いていく必要がある。当たり前のことのように思えるが、これがなかなか難しい。難しいからこそ、10年で1割しか生き残れない厳しい業界になってしまっているのだ。

では逆に10年後も生き残っている1割の店は、一体どんな努力をしているのか。失敗しないためにはどのような取り組みをすればいいのかを考察してみよう。
続きはこちらから