外食上場企業の海外進出が加速。『すき家』は国内の10倍にあたる年100店の出店を計画

NO IMAGE

外食企業の海外進出が加速している。「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは、中国を中心に年100店ペースでの出店を計画しているほか、元気寿司も2019年3月期までに海外250店舗の達成を目標として掲げている。背景としては日本食の評価が海外で高まっていること、そして、国内では新規出店のための人材確保が困難になってきていることが考えられる。

では、ほかの外食企業の海外進出状況はどうだろう? 気になる企業をいくつかピックアップしてご紹介したい。
続きはこちらから

カフェ・喫茶店の新規出店をお考えの企業様へ

CAFESEMIは、カフェプロデュース事業をスタートします。これまでのカフェ経営、講演、執筆、コンサルティングの経験をもとに、カフェの新規事業立ち上げを検討中の企業様にカフェ事業の立ち上げサポートやご提案をさせていただきます。スポット契約、長期の業務委託も可能です。お気軽にお問い合わせください。

寄稿カテゴリの最新記事